【冬の遊び】毛糸で遊ぼう! 三つ編みで作る「ねこ」のしっぽ

こんにちは。
ぐうたら主婦のサユリです。

2月22は「猫の日」だそうです。にゃんにゃんにゃん・・・だから?
「猫の日」にちなんで「ねこさん」を作ってみたので、どうぞ。

三つ編みで作る「ねこ」のしっぽ

完成はこんな感じです。
見れば分かるように、三つ編みしただけです・・・


完成した「ねこ」を並べてしっぽの長さを比べたり、のれん風に仕上げたりすると作品展などにもいいですよ。


「ねこ」の模様やお顔を自由に描いても楽しいと思うので、作ってみてくださいね。

三つ編みをする時の工夫

初めて三つ編みをする際は、3色の毛糸を使うと「○色を上にして~次は○色を~」と子どもに伝えやすいです。


そして、写真のように上の部分を固定すると作りやすいですよ。

毛糸の長さも短めから始めるのがおすすめ。毛糸のさばき方に慣れるまでは、長すぎるとこんがらがって大変なので、子どもがやりやすい長さの毛糸を用意してくださいね。


「しっぽとり」用の”しっぽ”も同じ作り方です。


三つ編みが難しい年齢は「ストロー通し」でいかがですか?「ねずみ」さんを参考に作ってみてね!

スポンサーリンク

三つ編みを使ったアレンジ

むか~し作ったものが出てきたので、こちらも参考にどうぞ。

大昔なので、ちょっとお見せするのが恥ずかしいんですが・・・


スニーカー!

たぶん、コンバース風に作ってみたんでしょうね(苦笑)

節分で鬼のお面を作った残りの毛糸で作ったような記憶。


これはこれで楽しかったですよ。懐かしい~

お面作りで残った毛糸があったら、ぜひ遊んでみてくださいね。


「ねこ」が登場する絵本はたくさんありますが、私の思い出の絵本についてこちらに載せています。「ねこのはなびや」です。よかったら、見てね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
保育 遊び
スポンサーリンク
サユリノスキコト