【お正月の遊び】「おせち」のゲームで楽しもう! 1月の行事にも使えるよ

こんにちは。

ぐうたら主婦のサユリです。

お馴染みのゲームを「おせち」バージョンで遊んでみませんか?

お正月行事のちょっとした時間にも楽しめるので、活かしてみてくださいね。

「お雑煮」の製作もどうぞ。

「おせち」ってなぁに?

「おせち」を知らないことには、ちょっと・・・

まずは、どんな食材や料理があるかをチラッとでいいので、知っておくようにしましょう~

「おせち」には「なぜ、それを食べるか?」の意味もあるので、食育としてもおすすめです。

導入には絵本。


子どもに話す時に興味を引き出しやすいかなぁと思うので、とりあえず由来は頭に入れておくといいですね。

絵本ナビさんにもあるよ!今ならトートバックつき。

お馴染みのゲームをアレンジ!

何のゲームかというと、お馴染みの「おちた おちた」です!

ハイ、なんとなく予想ついたと思いますが・・・「おせち おせち」にするだけです(笑)

「おーせち おーせち」

「なーに を たべた?」

「えび!」 

こんな感じのやりとりになります。

お正月の遊びもどうぞ。

スポンサーリンク

「おせち」になりきろう!ポーズの取り方

すっごく古~い雑誌に載っていたんですけど「お正月にいいかも」と思い、自分なりにバリエーションを増やして遊んでいました。

簡単なポーズなので、すぐに楽しめると思いますよ~

海老(腰が曲がるまで長生きができますように)

背中をまるめる感じでジャンプをします。

「エビカニクス」のイメージで。

昆布巻き(“よろこぶ”にかかっています)

右側の耳のそばでグルグル手を回します。

かいぐり かいぐり・・・の動作だよ~

伊達巻(巻物に似ていることから知識や教養、文化など)

左側の耳のそばでグルグル手を回します。

伊達巻、今年は作ってみようかな~

黒豆(マメに働けますように)

体を小さくまるめてしゃがみます。

黒豆が残ったら、卵焼きに入れたり、ホットケーキに入れたりしてもおいしいよ。

栗きんとん(商売繁盛)

両手を合わせて頭の上にのせます。三角のイメージです。

私も、栗きんとんにあやかりたい・・・出費ばっかり(泣)

数の子(子孫繁栄)

お魚ということで、両手を広げてスイスイ・・・泳ぐイメージです。

そういえば、「数の子好き」という子がけっこう多かったな~

地域性もあるんでしょうね。

ごちそうさま

「おなかいっぱい」とお腹をさすります。

最後はこれで終わりにしていました。

「たたきごぼう」や「田作り」など他にもあるので、オリジナルを考えてみてくださいね。

「座ってやるか」、「立ってやるか」でも違うので、子どもが楽しみやすいように動きを変えて、もちつき会やお誕生会などの行事にも役立ててくださ~い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
保育 遊び
スポンサーリンク
サユリノスキコト