【冬の遊び】お店屋さんごっこにもおすすめ! 「おでんやさんごっこ」を楽しもう~!

こんにちは。

ぐうたら主婦のサユリです。

寒い日はアツアツのおでんがおいしいですよね~

ハンペンやちくわも好きだけど、味がしみた大根が一番好き。

子どもと一緒に「おでん」の準備をしながら楽しんでみてくださ~い。

「カレー」も一緒にどうぞ。

「おでんやさんごっこ」を楽しもう!

9種類作りました。

家にある材料で作ったので働いていた当時とは多少違いますが、こんな感じでした。

きっと、おでんの具は地域によっても違うのでしょうね。

こちらは、タコとか牛筋とか入っている家庭は少ないのでこんな感じです。

子どもにも馴染があるもので一緒に作った方が、イメージを共有できて楽しいと思いますよ。

「何が好き?」って聞くと、だいたいは「ハンペン」「玉子」だったな~

「おでん」の作り方

見ただけで分かりそうなものがほとんどですが・・・一応、参考までに簡単に書きますね。

年齢に合わせて、子どもが出来そうなことはお任せしましょう。

大根

紙コップの下部分を切り取って、ロール紙で巻いただけです。

大根に”スジ“を描くといいですよ。

玉子

白色ポリの切れ端を使って、梱包用のクッションシートを巻いただけです。

梱包用のシートってけっこう使えますよ。紙を丸めたものよりも包みやすいです。

ちくわ

トイレットペーパーの芯を折り紙で巻いて、ちくわっぽくすればOK。

ウィンナー巻き

ちくわよりも少し短く切った芯を折り紙で巻きます。(短く切ればウィンナーが出るからね。)

中身はもう一つの芯をハサミで切り込み、クルッと巻いたらテープで止めてオレンジのポリで巻きます。はじめに作ったちくわに入れれば完成。

餅入りきんちゃく

封筒の下部分を使って、モールで止めただけ。

中は丸めた紙でいいと思います。

結びコンニャク

毛糸を巻いただけです。

毛糸でなくても、新聞紙を綴るような荷造り紐でもいいと思います。その方が安いし。

昆布

黒色ポリの切れ端を結んだだけです。

がんもどき

こんな形に二枚切ったら、テープで止めて袋状になるように裏返します。


中に梱包シートを入れ、形を整えたらテープで止めます。

表側はマジックで点々をつけましょう。

ハンペン

牛乳パックを使って、三角形になるようにします。パックの4面をそのまま使いました。

白色フラワー紙で包んで完成。


白色ポリでもいいけれど、素材を変えただけで新鮮な感じになるし、ポリよりもフワフワ感が出るよ~ 面倒で、激落ちくんを切っただけにしたこともあったな・・・


紙皿や割り箸、「おでん」と書いた赤い提灯風の看板なども用意すると、より雰囲気が出て楽しいと思いますよ~ワイワイ盛り上がってくださいね。

スポンサーリンク

絵本「おでんさむらい」が気になる・・・

みなさんは「おでんさむらい」をご存知ですか?

4・5歳児に良さそう。シリーズで読むのを楽しみにする年齢でもあるしね。「しらたきのまき」「ちくわのまき」だって。気になる・・・欲しいな~

気になる方は試し読みができる「絵本ナビ」さんを覗いてみてね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊び
スポンサーリンク
サユリノスキコト